zz log

zaininnari Blog

偶然は存在したことがない

今月の「天上天下 第18巻」の言葉

世に"偶然"という言葉はあれど
真に存在したためしなし
天上天下 第18巻 p79

偶然と感じるのは、その人の認識が弱くて、実はしっかりとした事実関係が背後に存在することが視えていないだけにすぎない。つまり、必然に起こったこと。

偶然が、必然ならば、偶然の極致である奇跡も、必然ということになる。





昨日のエントリーにも繋がる話だが、一緒に会社をやるなら、この手の成功物語を「たんに運が良かっただけ」と解釈する人ではなく、「そんな人に出会えるまであきらめずにがんばった」とも解釈する人とやりたいな、と。



Life is beautiful: 成功は偶然か必然か から引用

成功する人のフラグに、
成功を「みんなのおかげ」や「運が良かった」という人は、多い。
逆に、最終的に失敗する人は、「俺の実力!」という負けフラグを立てているのではないかと思う。


「俺の実力!」と言っている人は、偶然の裏が見えていない人。
「運が良かった」と言う人は、偶然が存在しないことに気づいている人。
「みんなのおかげ」と言う人は、必然的に成功する環境を整えられた人なんじゃないかな。


発言によって、すべてが決まる訳ではないけど、
その発言に至る思考回路で、負けフラグ要素を含んでくれば、堕ちる。

広告を非表示にする