zz log

zaininnari Blog

VMware Player上でXP Mode仮想マシンをインポートして、ROを複数起動する

0.環境

OS(ホスト):Windows 7 Professional (XP Modeが使えるOS)
CPU:XP Modeが使えるCPU


多重起動の是非
http://www.ragnarokonline.jp/news/maintenance/item/12496
http://raguweb.net/log/eid1956.html

ラグナロクオンラインのクライアントを利用して通常は同一端末で多重起動を行なうことはできません。
その為、利用規約やプレイマナーなどでは記載がございませんが、
多重起動はお止めいただくようご案内いたしております。

1.Virtual PCのインストール

XP Modeを使用するには、Virtual PC(仮想化ソフト)をインストールする必要があります。
Virtual PCは下記からダウンロード可能です。


http://www.microsoft.com/japan/windows/virtual-pc/default.aspx


Virtual PCをインストールします。
特に理由がなければそのまま[次へ]をクリックしているだけでOKです。


2.XP Modeのインストール

XP Mode用のファイルも、
Virtual PCと同じページにダウンロードできるので、ダウンロードをします。
インストールについては、
特に理由がなければそのまま[次へ]をクリックしているだけでOKです。


2009-12-26 追記
XP Modeを実行せずとも、
インストールしたイメージがあればVMware Playerでインポートできます。

**3.XP Modeの実行
XP Modeを実行すると、セットアップ画面が表示されます。
使用許諾契約書を読み、[次へ]をクリックします。


パスワードの入力画面が表示されます。
XP Modeで仮想的に作られたXPのログオン時に使用するパスワードを入力します。
[次へ]をクリックします。


コンピューターの保護の画面が表示されます。
WindowsUpdateの自動更新の方法を選び、[次へ]をクリックします。


ドライブのXP Modeとの共有の画面が表示されます。
説明を読み、[セットアップの開始]をクリックします。
しばらくすると、セットアップが終了します。


セットアップが終了すると、
Virtual PC内で、XPが立ち上がります。


Virtual PC内では、現在のところ、
ゲームに必要な3D機能(DirectX)が備わっていません。
現在、DirectXが使用可能な、
VMwareを使って、ROを起動させたいと思います。



VMwareインポートのため、統合機能を無効にする必要があるかもしれません。


[ツール] → [統合機能を無効にする]


統合機能を無効にした後、
Virtual PC内のXPをシャットダウンをします。
(Ctrl + Alt + Del の3つのボタンを同じに押すとメニューが開きます。)


4.VMware Platerのインストール

Virtual PCと同種の仮想化ソフト「VMware Player」をダウンロードします。


http://www.vmware.com/jp/products/player/


無料で、使用できますが、
アカウントの作成が必要です。簡単に登録が終わるため、作成しましょう。


また、
ダウンロードするファイルは、
VMware Player 3 をダウンロードしてください。
(筆者は、VMware Player 3で行いました。2でXP Mode仮想マシンインポート機能があるかどうかは確認していません。)


インストールについては、案内に従っていけばOKです。


5.VMware Toolsの入手

VMware Toolsは、画面の大きさの変更やマウスの透過的移動のサポートなどを提供するドライバ群です。


現在のところ、VMware Player3が自動的に入手するVMware Tools 8.*では、
ROの起動に際して、GFCエラーが生じます。


そのため、VMware Tools 7.*を手動で入手し、インストールする必要があります。


VMware Tools 7.*は、
現在のところ、linuxVMware-server2.*に組み込まれています。
linuxVMware-server2.*は下記からダウンロード可能です。(例:VMware-server-2.0.1-156745.i386.rpm)


http://downloads.vmware.com/jp/d/info/datacenter_downloads/vmware_server/2_0


windowsユーザーにとっては、rpmの拡張子をみたことがないと思います。
linuxを触ったことがある方は、linuxでの展開が簡単だと思いますが、
(著者は元々あったCentOSがあったため、こちらを使用しました。)
windowsユーザー難しいと思われるため、
XacRett( http://www.kmonos.net/lib/xacrett.ja.html )というソフトを使うことが簡単に展開が可能です。


展開を行うと、
/usr/lib/vmware/isoimages/windows.iso の windows.iso があります。
vmware-server-distrib/lib/isoimages/windows.iso があります。
windows.isoの中に、windows版のVMware Tools7.*が入っています。



6.VMware Player上でXP Mode仮想マシンをインポート

VMware Playerを起動します。


上部のメニューにて、
[ファイル] → [Windows XPモード仮想マシンのインポート]をクリックします。
自動的に、Virtual PCで作成したXPモード仮想マシンをインポートします。(数分かかることもあります。)


仮想マシン名「Windows XP Mode」が登録されたと思います。

広告を非表示にする